世界のお金持ち☆びっくりエピソード!

新年第1発の記事は、景気良く!金運UPしそうな感じでいきましょう。

昨年末はクリスマスも大みそかも仕事、年が明けてからの3が日も仕事でした、ダリアです。本年もよろしく。

夏服なんてもう何年も買ってないよ

カナダ人のラグジュアリーな雰囲気のシニア層ゲイカップルのお客様。

「僕たち、夏は旅行しないんだ。

周りに誰もいない湖畔の別荘で過ごすのさ、僕らの大きい猫と一緒にね。

人目を気にしないでいいから、服なんて必要ない。

だから僕は夏服なんてもう何年も買ってないよ 」

真のリュクス、それは夏の3か月間、隣近所なんて存在しない湖畔の別荘で、裸族…!!

いやー…いっぺんその湖畔の別荘に招待してほしいもんです。前だけ大きい猫で隠していただけたらオッケーです(新年早々下ネタ)。

リッツ・カールトンに泊まって食事はCoCo壱

ご家族でリッツ・カールトンに連泊して、ハイヤーを毎日チャーター、ガイドをつけて、ドンキで買い物して、CoCo壱でカレー食べるインド人と接していると金銭感覚がバグる。#通訳案内士— ダリア Merveille~フランスの風~ (@MerveilleFrance) 2020年1月6日

日本に来てカレーを食べるインド人の話は、先輩ガイドさんたちから何度か聞いておりましたが、マジでした。

しかも、CoCo壱…。

このインド人グループをガイドする仕事は、朝10時から夜8時まで。

夕食は8時以降なの?遅くない?そのわりにレストラン情報とか私に聞いてこないけど、どこで何食べてるの?って謎だったんですが、

「ラウンジに何時でも軽食あるし、しっかり食事したかったらルームサービスあるし」と、ノーストレスのご様子でした。

ああああああリッツのラウンジの軽食って。ラグジュアリーな区画にお泊りのお客様だけが食べられるやつね。貧乏人には一生ご縁のない軽食(爆笑!!

アラブの富豪は格が違った話

仕事でハイヤーのドライバーさんと話す機会があるんですが、仕事柄ものすごいお金持ちにブンブン振り回されているようです。

「最高で10時間待ちってのがありましたね。

某ホテルに滞在中のアラブの富豪から、今から外出したいから車回してほしいって電話があって、行ったのに部屋から降りてこない。

そのままホテルの車寄せで10時間待機

けっきょく、時間切れでドライバー交代ですよ」

…えっと、10時間って。部屋から降りてこないって。

もちろん、その分お支払いしているんでしょうが、ハイヤーって、1日(8時間)借りて、だいたい5~6万円ですよ。

「そういうお客さんは、食事と買い物くらいしか外出しないで、ホテルステイでゆっくりしたいみたいですね」とのこと。

日本に来なくてもいいのでは…あ、ちなみに来るときは召使も大勢つれて自家用ジェットらしいです。ああ~、うちの庭から石油でないかな~。

2019年、お金持ちは違うぜと痛感したガイド1年生

ガイドのお仕事をしていると、時にびっくりするようなお金持ちに遭遇します。

遭遇するだけでなく、丸一日つきっきりで、食事もご一緒したり。

お金持ちの考え方や行動パターンを目の当たりにして驚くやら考えさせられるやら、いろいろと刺激を受けること多し。

お金の使い方、時間の使い方、何もかも異次元。

金持ちぶったら嫉妬されそうとか、こんな安い店で食事なんて恥ずかしいとか、そんな人目を気にすることから解放されているのが真の金持ちと見た。

それが良いのか悪いのか、善悪の話ではなくて「ワクワクする!」ってハンターハンターのゴンみたいな瞳で眺め続けました。

そのまま真似をするわけにはいきませんが、行き詰ったときや迷ったときに、「お金持ちならこうするのでは?」って物差しを持っておくのは便利かもしれません。

 「自分がお金持ちでもこの仕事やるか?」とか。

あと、しょーもない金持ち自慢みたいなマウンティングしてくる奴がいても、「小せぇ、小せぇ!」って軽く聞き流せるようになります。

まだまだお金持ち仰天エピソードはあるんですが、今回はこのへんで。

来週は、久しぶりにフランスから更新しちゃおうかなっ!

3週間、フランス行ってきます!

細々と続けているこのブログを見守ってくれている皆様、懐かしのアンジェやナントにも行きますよー乞うご期待☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする