読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

フランスの「クリぼっち」が悲惨すぎるわけ

日本で独身者を痛めつけていると言われる「クリぼっち」、

クリスマスに一緒に過ごす恋人がいないという現象について。

は。甘い、甘い。

日本なら、ひとりが寂しけりゃ女子会や鍋会や冬休みバイトがあるし、

「イヴは仕事だわ~」「だよね~」みたいに仲間意識すら生み出す始末。

 

あのな。 フランスの「クリぼっち」はそんなもんじゃないぜ?

フランス人に、「私、クリスマスは一人で過ごします」なんて言ったら

「だ、大丈夫・・・?よかったらうちに来る?」って

難民の子供のように気の毒がられますし、

25日は祝日で商店など全て閉まるのでバイトも無い。

医者や軍人なら「25日は仕事で」という言い訳もありだろうが、クリぼっち回避のために外国人部隊に入隊するわけにもいかぬ。

だからって「リア充狩りすっか」なんてTwitterするのは本気でリスキー。

だって、ここはフランス、ヨーロッパ。国際手配されてしまいます。

ならばつぶやかずに不言実行する大和魂あふれる方、24日の夜に街に出たって、人っ子ひとりいませんよ。

しかも深夜から早朝にかけて、かなりの確実で飲酒運転の車が行き交います。

飲酒でなくても、 「ふだんはおじいちゃんが運転するんだけど、今夜はお酒が入ってるから私が」 なんて運転慣れていないおばあちゃんとかいますからね。

リア充な老人に道を譲って、「クリぼっち」は家に引き篭もりましょう、という結論に達するのです。

さぁ、ひとりチーズ・フォンデュに挑戦だ☆

※注:ネタ記事です!あんまり本気にしないでね!