読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

日本が滅びても日本文化は生き残ると確信した

去年、自宅で日本語を教えてお小遣い稼ぎしていた頃。

生徒さんの1人、ナント大学の日本語学科で勉強中の女の子に

「日本に行きたいけど、人種差別されるのが怖い」と言われました。

詳しく話を聞くと、ミス日本になった女性に対して 「彼女はハーフだから 本当の日本人ではない」 さらには、「ハーフは本当の日本人より可愛いから、ずるい」 という批判があったという。 こんなことはフランスだと絶対に許されない人種差別なんだけど、日本だと大して問題にならないようで、それが怖いと彼女は説明してくれた。 「本当の日本人」かぁ・・・ なんか、この国、滅びちゃうんじゃないかな?けっこう近いうちに。 と、漠然と不安になりました。 話し変わって、先日彼氏がクリアしたゲーム、Ori。

アメリカで作られたゲームで、映像も音楽も、まるで映画のようなクオリティ。 そして、あきらかに製作サイドが日本文化に影響を受けています。 ストーリーは「正義vs悪」の二元論ではなく、ひな鳥を失った巨大な鳥が凶暴化する過程はまさに日本の神話にありそうな「荒ぶる神」そのもの。 ちなみに、音楽を担当した会社の名前は「Wabi Sabi」。 ジブリ音楽(久石譲)っぽいのです。 かといって、「日本らしさ」「異国風」を売り物にはしていない、そこが新しく感じられました。クール・ジャパン的な表面的なものでなく、もっと深いところで日本文化は他の文化に影響を与えている。そんな「萌芽」を見つけたような気がします。 数十年後に日本という国家は無くなっていてもおかしくないし、「本当の日本人」はいつか絶滅するかもしれないけれど、それでも米を握ったり巻いたりする料理はスシと呼ばれ続けるんじゃないだろうか。 世界中に、緩やかに溶け込むように広がってなお個性を持ち続ける、 日本文化にはそれだけの底力がある。 日本が滅びても日本文化は生き残るに違いないと、思ったら、なんだか心が落ち着いた。そんな私は、やっぱりどこまでも日本人に違いない。 ↓↓ランキング参加してます!ぽちっと応援のクリックお願いします↓↓ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村