読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

彼氏の女友達問題がキターー

来たよ、来ましたよ、恋愛ネタ!!
定番っちゃ定番の「彼氏の女友達対処法」ですが、ここはフランス、相手はフランス人・・・どうするどうする?!
在仏日本女子コミュニティ、ふらんぽん のメンバーがそれぞれ出した対処法とは・・・?!

私の出した案は、対処法2の直接入り込み法です。

特に「敵を味方にする」っていう発想が素晴らしい、と自画自賛

このフレーズは、塩野七生ローマ人の物語」で、カエサルを評して「彼が真の英雄たるゆえんは敵を味方に変えたことである」みたいなことが書いてあって、(手元に本が無いのでうろ覚えですいません)感動し、それ以来あこがれのテーマなのです。

てゆうか真の英雄カエサルにあこがれる時点で決定的に非モテ女子だ、私。。。

それはともかく、他のメンバーの意見もかなり面白くって、このネタで座談会したいと思いました。つーか、女子会?したいなぁ~☆

さて。うちのブノワの場合。

彼も私に負けず劣らずモテないので浮気の心配は極めて少ないとはいえ、 女友達はけっこういます。ギターやってるから音楽関係とか。

そして「女友達と2人で飲みに行ってもいい?」なんて聞かれると 無条件にオッケーを出すわけにはいかないわけで。

「その子、どんな子?」と聞いてみるわけですが、その返事が秀逸。

返事その1 「彼女、レズだよ」

返事その2 「彼女、ブスだよ」

うん。安心感がある返事。気持ち良く送り出せますね。

 

「女友達と連絡取ると日本人妻(彼女)が不機嫌になる」と困っているフランス男子は、この返事を使えばオッケーでるかもしれません。

 

注:フランスで「飲みに行く」は2種類あります。 夕方の早い時間帯にバーで1杯だけ飲むアペロと、食事が済んだ遅い時間帯(おもに12時以降)の飲み。

オッケー出すのはアペロまで、ですね。

ちなみに「2人でディナー」はすでに浮気。

というかそっちが本命になっている可能性がありますな。。。