読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

優雅なはずのクルージングが阿鼻叫喚だった件

港町ラ・ロシェルでは、各種クルージングが楽しめます。

航路や時間、お値段に合わせて選べるからうれしいですね。

我らが選んだクルージングは、 一番安い14.5ユーロ)のに

2時間半(長っ)のコース。

選んだ決め手は、

コースにfort Boyardフォ・ブイヤー という 海に浮かぶ要塞があるから。

この要塞、90年代に人気だった視聴者参加型アドベンチャー番組の 撮影場所だったので、フランス人ならたいてい知っているようです。

風雲たけし城的なノリの番組・・・

で、幼少の頃この番組が大好きだったブノワは、

どーっしても fort Boyardフォ・ブイヤーを生で見たいという。。。

 

最初はご機嫌だったんですよ。

うわー、やっぱ、海っていいなぁ、船、サイコー とか言いながら。

ヨットやクルーザーを追い越し。

そして次第に、景色が 360度 海 だけになり。

波が激しく、船は甲板をまっすぐ歩けないほど揺れはじめました。

船前方部分に乗っていたお客さんは全員、

波しぶきを 頭からかぶって びしょ濡れ

乗客が次から次へとぐったり(もしくはリバース)する異常事態に 黒いゴミ袋(小)とバケツとモップを持って船内を行き来するスタッフ。

なんなんだ、この、阿鼻叫喚の地獄絵みたいな船内は。。。

おかしい。何かがおかしい。

後部席にいた私たちも、すでに波をかぶって微妙に濡れている。

船の揺れで確実に疲れている。

出発から1時間ちょいで、ようやくフォ・ブイヤー要塞に到着。

もちろん上陸はできないので船から見るだけ。

静かな船内で、

「要塞をバックに俺の写真を取ってくれ!」と

妙にテンションの高い男が隣にいる・・・

わかった。写真とる。とります。めっちゃ揺れてて逆光だけど。

↓ ぐっっ (めっちゃご満悦)

むだに3回も要塞の周りを回って さぁ 帰るぞー

港について、隣に泊めてあった他社の船を見たら、そもそも船の大きさが違う。

航路がほぼ同じなのに1時間半ということは、たぶん速度も違うのでしょう。

うちらの船の席は木のベンチだったのに、隣の船はゆったりした革張りシート。

「あと5ユーロ出せばこっちに乗れたのになぁ・・・」

結論・ラ・ロシェルでキラキラとデートしたい方、

クルージングはちょっと高いほうを選んだほうが吉☆

しかも、全然いらないフォ・ブイヤーのポストカードを お土産にもらいましたよ。

テレビに出てたなぞの老人の顔写真入。い、いらねーーーっ