読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

ナントのビオ・ワイン・ビストロ、ピコロ

久しぶりのナントの美味しいもの情報。

 

その名も

 Picolo ビストロ・ピコロ

 

 

 ピコロとは、楽器でも、ドラゴンボールの緑の人でもなく、

安い赤ワインのこと。

でも、ふつうフランス人がこの店名を見たら、

「酔っ払う」「深酒する」という意味の動詞Picolerを

思い浮かべると思います。

そんな名前通り、気取ってないお店でダリアのお気に入り☆

 

ワインの店なのにワインのメニューがない!

赤か白かとか、ざっくりこちらの飲みたいものを伝えると

店長のお兄さんが選んでくれます。

 

ワインはすべてVin nature(ヴァン・ナチュール)

Vin natureにはまだちゃんとした定義はないみたいなんですが、

有機栽培のぶどうと手作業にこだわったワイン作りをしている

生産者さんたちから仕入れているそうです。

ふつうのスーパーで売っているワインより個性的なもの多し。

 

 

ラベルにあるVin de Franceとは、いわゆるテーブルワイン。

 

こだわりのヴァン・ナチュールが何故安ワインの代名詞、

テーブルワインなのか。

 

フランスではAOCという農業品の認証があって、AOCワインといえば

それなりの品質が保証されるかわりに、いろいろ基準があって、

オリジナルな製法とかはできません。

 

なので、ヴァン・ナチュールの作り手さんたちは、

あえてAOCをとらないで、個性のあるワイン作りを追求してるわけです。

 

あ、こんなこと書いといてアレですが、個性があるってことは

中には飲みにくーいワイン、あります。

そんな当たり外れも、ワインておもしろいよなーと楽しめる人には

ぜひオススメです。

 

お料理は黒板に手書き。

店長のお兄さんがバリトンの美声で一品一品説明すると

全部美味しそうでたまらなくなります。

で、実際、ここのお料理はなかなかのクオリティ。

 

この日はハンバーガーにしてみました。

付け合せのポテトもサラダもちょっと凝ってて美味しい~

 

 

 

ホール担当は店長だけ、厨房もたぶん一人か二人でやってるようで、

満席だとかなり待たされるのがここの難点。

時間に余裕のある夜に行きましょう。ええ、行きますとも。