読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

ノエルの過ごし方

  政教分離といいつつガチでキリスト教国のフランス、

クリスマスは一年を通してぶっちぎりで大切な行事です。

その過ごし方は、基本家族で食事。豪勢に食事。 時に過酷なまでに豪勢に、食事!! となります。

長時間、深夜(もしくは早朝)に及ぶディナーが当たり前。

といっても、やはり家庭によってその程度は様々。

幸運なことにブノワ宅はそれほど過酷ではありません。

今年の場合、24日の夜はブノワご両親とおじいちゃん、私とブノワの合計5人のこじんまりした晩餐、時間も通常のディナーと同じくらいの8時に始まり11時にはお開き。

プレゼントをあけるのは翌朝。

本来クリスマス当日である25日は、ブノワの母方の親戚宅へお呼ばれ。

ハンパじゃなくクリスマスモードな飾り付けに圧倒される(笑  

親戚のうちで、ここのご家族とブノワ一家は特に親しく、

毎年交代で招待しあうし、プレゼントはお互い交換しない協定を結んでいる、気苦労なしの関係です。

私はすでに夏に一度お会いしていて、緊張感ゼロ。

「ブノワの彼女はよく食べるし飲みっぷりがいいなぁ」

くらいの認識で温かく迎えてもらってます。

いい人たちだ。 (それでいいのか?わたし・・・)

13時集合、アペリティフから始まり、美味なるフォアグラ

メインは鳥の丸焼き

切分けてサーブされちゃって丸ごとの写真を撮りのがした・・・

デザートはブノワのご両親購入のキャラメルとリンゴのケーキ。

これがまた美味しかった~

 

食後のコーヒーが済むと、近所の公園を軽く散歩して腹ごなし。

会がお開きになったのは17時くらい?

もちろん夜は何も食べる必要なし。

ハーブティーだけ飲んで、早めに就寝。

フランスのクリスマスなのに、 胃にも精神的にも経済的にもダメージなしで 過ごすことができました。

これ、けっこう幸運なことなのです

つーか、どんな国なの、フランスってば・苦笑。