読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

彼がいなくても、今、フランスにいたと思う?

 

最近会った人たち(日本人、フランス人、フランス在住の外国人、

男女年齢問わず)から、

 

「もしフランス人の彼がいなかったら、今、

フランスにいたと思う?」

 

とよく聞かれます。

 

彼がいなかったら滞在許可証出るの?フランスで生きていけるの?

彼さえいなければ日本に帰れるのにね、帰りたくないの?など

質問する人によっていろんなニュアンスが含まれます(苦笑。

 

 

私的には、「人生に”たられば”はねーんだよ」と思ってるんで

 

「どちらとも言えない」と言葉を濁してたんですが、

 

あんまりよく聞かれるから、こりゃいっぺんちゃんと考えて

自分なりの答えを見つけたほうが良いのかもね、と思いなおし

今のところの素直な気持ちをここに書いておきます。

 

 

私、特に高い志を持って留学したわけじゃないけれど、

テレビも電子レンジも無い貧乏暮らしで、

図書館と家の往復で終わる毎日でも

すっごい充実感があって苦にならなかったのは

目の前にクリアーする目標があったから。

 

先が見えなくて不安でも乗り越えられたのは

自分がやりたかったことができて楽しかったからです。

 

「彼がいてくれたから」ではない。

 

↑だって付き合いだしたのこの1年だし。

 

滞在許可だってAPSビザだから、今のところ彼がいなくても

合法的にフランスに滞在できている。

 

この1年、彼が私を支えてくれた、二人で良い時間が過ごせた

彼のおかげで素敵な人たちと知り合うことができた、すべて

感謝しているし、まったく悔いは無いけど

 

今年前半、彼と「のんびり楽しく」過ごした時間すべてを

卒論に費やしてたら、もっと早く仕上がったような気もする。

彼の家族や友だちと知り合うかわりに、別の誰かと知り合って

その出会いが私に別の可能性を与えてくれたかもしれない、

とっととナントからパリに移住して、死に物狂いで就職先を

見つけていたかもしれない。

 

なーんて、いや実際は、パリだろうと就職難しいけどね。

うむ。やはり、人生に ”たられば” は無い。

 

私が今、フランスにいるのは、彼がいてくれたから、ではなく

私の意思と行動の結果。でも先のことは分からない。

 

突き詰めて考えるべきは、今後の目標。

つまり、私はもう学生ではないし、

なんのためにフランスにいるの?と。

 

たしかに、今、何か目標があるかというと

「とりあえず就職探さなきゃ」みたいな。

 

そういう漠然とした目標じゃなくて、もっと明確で、

たとえ失敗しても「がんばってた時間が楽しかったからいいや」

と納得できるような何か。

 

そういうのが見つかったら、きっと、

「どんな状況でも、フランスにいたと思いますよー

私がいたいと思った限りは!」と胸を張って答えられるはず。

 

そういうのを探していこうと思いつつ、でも日々の暮らしに

お金は必要なのでバイトとかしつつ。

 

そんな感じでこれからもフランスに居続けるつもりです。