読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

PACS(パックス)すればフランスに滞在できるのか?

前回に引き続き、 PACS(パックス)について。

 

ブノワは、付き合いだした当初から、

自発的に、外国人の滞在許可などについてネットで調べ、

滞在許可証のためにPACSしてもいいよと提案してくれてました。

彼は、ある日突然私が「日本に帰らなきゃならなくなった!!」

って言い出さないか不安だったようです。

 

むしろ私の方が、

自分の滞在許可証のためにPACS ”してもらう” って、

なんだか心理的に抵抗があり、及び腰でした。

 

そんな私が何故、今、このタイミングでPACSしたのか。

 

しなきゃ来年フランスに滞在できるか不安だったからです。

 

現在の滞在許可証、APSビザ →詳しくはこの記事参照

 

1年間有効で、フランスでの労働がOKのこのビザ、

基本的に期限が切れる時点で本国に帰国しなきゃいけません。

 

就労ビザに切り替えるには、

正社員(CDI)で、ディプロムと関係した分野で、

しかも最低賃金(SMIC)の1,5倍のお給料を保証される

そんなお仕事についてなきゃいけません。

 

で、最初は私も正社員→就労ビザを目指していたのですが、

半年ほど、卒論と平行して就職活動してみた結果、

あと一年でそれだけのお仕事に就ける可能性は残念ながら

きわめて低いな、という感触を得ました。

 

で、ようやくここで本題に入ります。

 

PACS(パックス)すればフランスに滞在できるのか?

 

しなきゃフランスに滞在できないのか?んなわきゃありません。

ぶっちゃけ、パックスや結婚しなくても、

旅行者として3ヶ月のビザなし滞在をくりかえしたり

どっかの語学学校にでも登録して学生ビザで滞在したり

滞在するだけなら他にも方法はあります。

 

問題は、配偶者ビザで滞在できるかどうか。

配偶者ビザ=フランス人と同じ条件で働けるビザ、です。

 

これを取得するためには、PACSだけでは足りません。

1年以上パートナーと共同生活を送っていること

が必要条件です。

 

現在のビザから配偶者ビザに切り替える際に、

過去12か月分の ”一緒に住んでいることを証明する書類”を

用意しなきゃいけないらしい。

たとえばEDF(電気代)の領収書は二人名義にしておく必要あり。

給与明細や銀行の明細の住所も、もし昔の住所のままなら

早めに住所変更して二人一緒にしておくべし。

 

PACSにサインした日付は関係ないそうです。

 

つまり、PACSしてまだ1年経ってなくても

一緒に住んでいる期間が1年以上ならOK。

 

PACSして1年以上経っていても、同居している証明がなければ

滞在許可が出ない危険性があるわけです。

 

これ、逆に、

「1年一緒に住んでないと外人はPACSできないんでしょ?」

って誤解してる友人(フランス滞在歴は私より長い)がいました。

いやいや、ブノワと付き合ってまだ1年たってないけど、できたから。

 

ほんと、PACSと滞在許可の関係については、

在フランス日本大使館のHPだってろくな情報載せてないし、

 

フランス人も、ユーロ圏以外の外人と付き合って

PACSすることにならなきゃこんな情報は必要ないわけで、

私自身、実際にやってみて知ったことが多いです。

 

いまのところ、おそらく、来年は配偶者ビザに切り替えて

フランスに滞在できる、はず、です。

>やってみなきゃ分からないのがフランスゆえ、

いつも以上に歯切れが悪いです(苦笑。

 

 

※この情報は2014年9月時点ナントでの一例です。

滞在許可証には2年以上の共同生活が必要、という地域も。

滞在許可証については地域の県庁に、

PACSについては裁判所にご確認ください。