読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

劇場がゲイ・フレンドリーに?!

夏のあいだ、ナントの町をアート空間に変える

ヴォヤージュ・ア・ナント

 その一環で、ナントが誇るオペラ座、グララン劇場が

七色に彩られました!!

 

 

建物が白いから、色彩が映える!

 

ちなみにレインボーカラーはゲイの象徴。

まるで劇場がゲイ・フレンドリー宣言をしているようで

ほほえましく感じました(笑。

 

いや、フランス、マジなアンチ・ゲイがけっこういるから

こういうのにケチつける奴がいそうだよなぁと思いました。

 

それはともかく。

 

 

 

この装飾は空間芸術家のElsa TOMKOWIAKの作品。

色の帯はビニール製です。

 

「こんなの、アイディア勝負で、誰にでもできるんじゃない?」

なんて思った人は大間違い。

この色、すべて芸術家自身が着色しているそうです。

 

デッキブラシで、3週間がかりの作業だったそうです。

 

 

空間を彩る。

 

その中に入って、光と色を楽しむ。

 

見るだけじゃない、体感するアート。

 

ネットで何でも見れてしまう、買えてしまう現代だからこそ、

その時、その場所でしか見られないモノ、

ホンモノ、だれかの手によってつくられたオリジナルを

求めるようになる、のかもしれない。