読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

パリ出張

ナント美術館広報課でのスタージュ、

おかげさまで バリバリ働かせてもらっております。(契約は年末まで)

今月は、2つのエクスポジションの準備に大忙し。

そのひとつ、De leur temps(4)

フランスの現代アート・コレクター協会と組んで行う このエクスポジション、

場所はHAB Galerie

1500㎡の広い会場に 最新鋭の現代アートがずらり149点展示されます。

準備風景を激写。

この腕が良いと思いませんか?←趣味丸出し。

 

エクスポジションの開催に先立ち、マスコミ向けのプレゼンに

各社のジャーナリストさんたちをお招きします。

いわゆるプレス・リリースってやつです。

パリから15名ほどのジャーナリストさんたちがやってくる。

じゃ、私はまた前のときみたいにナントの駅でお待ちして 会場までご案内するのかなぁと思ってたら。

上司のヴェロニクは首を横に振った。。。

「あなたには、パリまで行ってもらうわ」

ええええ???

「パリのモンパルナス駅でジャーナリストと待ち合わせして、 ちゃんとナントに連れてくるために、 誰かがパリに行かなくては」

それは誰か。

ダリアが行かなくて、誰が行く・・・?!

って、そのミッション、ほんとに必要なんすか?

だって、ジャーナリストって大人だし。フランス人だし。

自分で電車くらい乗れるでしょうに・・・

上司のヴェロニクは、また首を横に振った。。。

「うちの者が迎えに行きます、っていうのが大切なのよ」

おおおお、なんか妙に日本的なおもてなしの心だ・・・

 

明日、パリへ行きます。

パリに前泊して、金曜の朝にモンパルナス駅。

仕事でパリ。パリ出張。 そんなキラキラした響きに浮かれたダリアは、

「交通費タダでパリに行けるなんて、らっきー」と 最初は喜んでいた。

宿泊代が出ないことになんの疑問も持っていなかった。

パリ在住の友人Sayaに「お願い、泊めて~」と言う段になって、

「よく考えたら酷い話だな・・・仕事で行くのによぅ」って 気付いてしまった。

しかし行かねばならぬ。私が行かなくて誰が行く・・・

ま、おかげで半日はパリで自由なので、 オルセーのエクスポジション見てユニクロで買い物して そしてSayaにも久しぶりに会えるし(嬉)、楽しんできます。

いやー、フランス社会をちょっと知った気分になってましたが、 まだまだ謎が多いです。。。