読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

パリ紀行 マレ地区でファラフェル食べてみたり。

パリの中でも特におしゃれな地区といわれる マレ地区、その中でも特におしゃれといわれる フラン・ブルジョワ通りでショーウィンドウをのぞいてみると・・・

うわーすごーいーおーしゃれー(棒読み)

人通りの少ない朝の、爽やかな時間帯、

カフェに入ってみたらエスプレッソを注文したら・・・ 

水とクッキーが添えられてトレイに乗って出てきた。

フランスでは頼まなきゃ水は付いてこないのに・・・

はい、2,4ユーロ。

ナントだったらふつうカフェは1,5ユーロです。

観光客化に拍車がかかり、この勢いでマレ地区名物 ファラフェルを食べてみようと思い立つ。

ファラフェルとは。 パリの旅行ガイドに必ず載っている 『ヒヨコマメのコロッケの入ったユダヤ風サンドイッチ』 って説明されても味がまったく想像つかない

↓ しかし写真で見てももっとよく分からない、

ピタパンのコロッケサンド、

マヨ+ヨーグルトのソース 野菜がざくざく入っててかなりのボリュームあり。

テイクアウト5,5ユーロ、店内だと7,5ユーロ。 美味しかったです。

それもそのはず、店員もお客もユダヤ人ばかり。

これで美味しくなかったら、店が悪いんじゃ無くて 私の口がユダヤ料理に合わないってことだな。

つーか、ここはほんとにパリか?と思いつつ。

観光地で観光客向けの行動パターンを取ったはずが 異様にディープな雰囲気でした。 お店の場所は、 メトロのサンポール駅からフラン・ブルジョワの間です。

 

次回はパリ紀行最終回、 マレ地区にあるカルナヴァレ博物館でまたまたうっとりします。 ところで、今回の記事は、ちっともマレ地区に行きたくならない感じね・・・