読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

パリ紀行 オルセー美術館とパリのパノラマ


オルセー美術館

改修工事の後はじめてきたオルセー美術館

日曜の午後、入口前にはもちろん行列が。



しかーし!

私にはスタージュ先の美術館で貸してもらった
ICOMカードがある!!

ICOM:International Council of Museums国際博物館会議

このカードを一般入口とは反対側の入口で見せまして、

「ナント美術館から参りましたの」

「トレ・ビアン」

てなぐあいに、行列を尻目にあっさり中へ。素晴らしい・・・!
しかもこれ、フリーパスだし。

25歳以下の学生なら基本いつでも入場フリーなのですが
私は年齢的にも国籍的にも値引き対象にならない身分(涙
ゆえに ICOMカードはかなりアガるアイテムでした!!

今回の旅でこのカードを使ったのはオルセー(9ユーロ)と
ポンピドゥー(11 ユーロ)、合計20ユーロ得しちゃいました。

閑話休題。オルセー見学に話を戻します。

まず展覧会を見てから常設展示に挑んだので、
すでにかなり疲れていたし、

一緒に行ったギタはパリに引っ越して4ヶ月、
オルセーの常設はすでに何度か見たことがあったし、

とりあえず最上階まで上ってカフェに入ろうかと思いきや、
予想に反してオルセーらしくないガチャガチャした内装で
値段だけは予想通りお高く、
ここはやめておこうということになりました。

しかし!
カフェからテラスに出てみるとこの景色!

    


セーヌ川沿いのパノラマ~

ギタと二人、パリの美しさにうっとりする。

ついさっき、人は多いし、ごみはいっぱい落ちてるし、臭いし、
パリなんてサイテーだと文句を言っていたくせに。

山ほど欠点があっても、それを上回るほど魅力的。
だから世界中から観光客が来るのでしょう。嗚呼、パリ・・・。

で、本題の、オルセー美術館の常設展示について。

5階から撮った全体像をUP。



早足でさくっと見て回れるわけが無く。


だって、たとえば、↓ ひとつの作品がこれだもん。



こんな作品の前で立ち止まったら、しばらく動けません。

しかもこの写真、5階からズームでたまたま撮っただけで、
この作品が美術館一の傑作ってわけでは無いのです。
そんな作品ばっかりなんです、ここは。

閉館時間まで居たけど、
一つ一つの作品をじっくり鑑賞するには時間が足り無すぎ!
そして足が疲れすぎ!!

近いうちにまた来ることを誓って、
よれよれで美術館を後にしたダリアでした。

次回はポンピドゥーセンターで、じっくりアート鑑賞!