読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

ゲランドめぐりが不発。

前回の記事で書いた出会い系・OVSの知り合いから

土曜日にみんなでゲランドに行こう!とお誘いがかかる。

ゲランドとは。かの有名なゲランド塩の産地です。
ナントから車で1時間くらい。

車が無いと、電車とバスを乗り継がなきゃいけなくて、
行きたいなぁと思いつつ放置してたゲランド。

中世の城塞都市が残っていて、観光地としても有名です。

先月から、ソーミュール時代の友人ジェシカが
ゲランドの観光案内所で研修をしていて、
土曜に行くわーって電話したら快く、
オッケー来たらガイドしたげるわーってことになり。

お昼前にナントを出発、お昼はクロワジックという港町を散策。

       


あの灯台まで歩こう。




えっと、今回の参加者、男女2組+私の5人。

微妙すぎます。

まず、ナントでの待合せの時点から微妙でした。

私に連絡くれたC(36歳男)は、A(32歳女)と、
J(38歳男)は、以前にパリにいた頃サイトで知り合った 
M(35歳女)と一緒に現れて、
私は、帰ったほうがいいのでは?と。

5人だったら車2台のほうがいいよね、って話になって
行き帰りCの車でひとり後部座席(助手席はAのもの)、
前の二人の会話に切り込むのは仏語的にも無理。
なんだか、一人旅よりよっぽど孤独じゃない?この状況。
Aちゃん、私ちっともCさんを狙ってないから。。。
本人は無意識かもしれないけど、いちいち壁作らないで。。。

フランス人の交友関係ってよく分からん。

Mはわざわざ用事も無いのに(つまりJに会いに)
パリから電車乗って今週末ナントに来たらしい。
で、Jの家に泊まっている。
んじゃこの二人は付き合ってるのかというと、
付き合っていない(分かりやすくいうと、別々の部屋で寝る)。

私だって男友達いるから、この関係が変とは言わないけど
私だったら、せっかく遠くに住んでる親友と再会するのに、
こんな初対面の人間が集まる企画に参加したくないけどなぁ、、、

しかも誰も(私も)、旅行プランが無くて、
むだに渋滞に巻き込まれたりむだに歩いたりで
「何しにわざわざここまで来たのか」感が高まり。

夕方、ジェシカの仕事上がりに合わせてゲランドへ移動。

    


ゲランドでジェシカと再会。
城壁内をジェシカのガイド付きで巡って、ようやく
ゲランドまで来た甲斐があったなぁと満足感(苦笑

大好き、ガーゴイル♪





本日の感想。

みんなふつうに良い人たちで、ふつうに楽しかったですよ。

(私の、ふつうに楽しい、って、つまんねーと同義語・笑)

うむ。ま、いっか、ただでゲランドまで行けたし。