読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

そこは貴族の社交場だった・・・。



呼び鈴に、サークル・ルイ・セーズ(16世)って。




華やかなサロン。

バルコニーからの眺め。




カードゲームを楽しむためのサロン。







暖炉の上の胸像は、Donne par le Roi

王様からの贈り物。


後ろの壁紙はブルボン王家のゆりの紋章。


部屋の隅に貼ってた名簿を激写。



なぜか女性の名前ばかり。
しかし。
コンテス(伯爵夫人)、バロンヌ(男爵夫人)って。

えーっと・・・
フランスって確か今は、共和国だったような。。。

この日は、詩の朗読と
「本」をテーマにしたアート作品の展示がありました。




リーヴル・オブジェと呼ばれるこうした作品。
本を所有することすら「贅沢な趣味」になりつつある現代と、
味がある対比になっている気がします。




ちなみに展示品はすべてプライベート・コレクション、
個人の所蔵物なので普段は一般人が見られないレア物。

ジャコメッティデュシャンの製造番号入りの作品も・・・

詩の朗読は、かなり ちんぷんかんぷん でしたが
だめじゃん・・・

フランスの貴族社会をちょっぴり覗き見できた
レアなソワレでございました。

↓↓気分はロザリー(ベルバラの)?のクリックお願いします↓↓

人気ブログランキング 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ