読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

芸術の国おフランスが残念すぎる件

芸術と文化の国、おフランスには、

1パーセント・アーティスティック と呼ばれる法律があります。

どんな法律かというと、

国公立の学校が校舎を建てる時には、
予算の1%を現代芸術家の作品購入費にすること。

過去の芸術作品を保存するだけでなく、今現在の芸術家を
支援することも忘れない!そして学生たちは本物のアートに
触れることができる、と。

さすが芸術の国!

で。 

ある教授が、講義でこの法律のことを話した際、

「我が学部の校舎にも、国際的なアーティストの作品がある。
当然、君たちは見たことがあるだろう?」

と問いかけるが、我ら学生はみんな 「???」

どうやらその芸術作品は、階段踊り場にあるらしい。

しかし、誰も見覚えが無い。。。

講義終了後、早速現場に赴いた。

我らがその場で見たものは・・・



「 税金の無駄遣い 。。。」

あの・・・

これが、

アンジェの伝統工芸タペスリーと現代アートの融合?

インターナショナルなアーティストの作品?

ちなみに、このタペストリーには、

「世界に羽ばたけ!」

って学生へのメッセージがこめられてるんだって。

あのー。。。うちら、幼稚園児じゃないんですけど。。。


この1%アーティスティック、どうなのよ?と思って
調べてみたら、過去にいろいろ問題が起きているようです。

校長が、自称・アーティストの自分の妻の作品を購入したり。

ううむ、芸術の国、おフランス。。。

法律自体は、すごいナイス・アイディアだと思うけど。


今回はちょっと、残念すぎるぜ。。。