読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

悲しき牡蠣の夕べ


仕事が終わってから、テラスで生牡蠣。

おいおい自慢かよーって言われちゃいそうですが、

残念ながら、ちがいます。


お待たせしました。

オチがつきました。






昨日、マダム・マノリの愛猫、モローがこの世を去りました。

私がここに来る前から、すでにモローは弱っていて

マダムは常に心を痛めていらっしゃった。

しかしまさか、こんなに早く・・・。

マダム、60代後半、ちなみに見た目は70代後半、
10年前に旦那さんを亡くして一人住まい。
こういう人がペット亡くすって・・・気の毒すぎます。


「今日は友達の家に招かれてたけど、断ったわ。

ダリア、もしよかったら牡蠣があるから

今日は一緒に夕食しましょうか?」

カンカル産の牡蠣に惹かれただけではないですよ。

マダムがあまりにも痛々しくて断れなかったのですよ。



「ところで

あなた、牡蠣の開け方は知ってる?」


って、開けるの私の仕事かいな?!ェエェェエΣ(´д`ノ)ノェェ


そんなわけで、生まれてはじめて、
牡蠣の貝をこじ開けさせてもらいました。

「え~そんなの無理ぃ~」って言えればいいのになぁ。
・・・慣れたらサクサク開けれるようになり、
またイカツさが増した気がします、私。


白ワインと生牡蠣、そしてマダムが泣く


あああモロー、どうして逝ってしまったんだ、
つーかマダム、同情するけど、頼むから泣かないでーー


完全に傷心のマダム、

「実は今月末、友達に旅行に誘われていた。

病気の猫が居るからと断ったけど、もう猫は居ない。

だからやっぱり旅行に行くことにしたわ。

だって、このままだと、私は病気になってしまう。

気持ちを切り替える必要があるの、分かるでしょう?」


はぁ。


「あと、7月にも1週間くらい、スウェーデンに帰ろうと思う」

(あ、マダムはスウェーデン人です)


えっと・・・・・


マダムが留守のあいだ、美術館は・・・


「あなたが居るから、安心だわ。

責任ある仕事をするのもいい経験になるわよ?」



・・・!! わたしかよ?!Σ(´ω`*)


無茶ぶりもいいところ、ですが

こんな弱ってるお年寄りに頼まれて嫌とは言えず。

はい、今回も、見事にオチがつきました。

なにゆえ、研修生の私が、1週間以上

美術館を一人で管理せにゃならんのか。



私、普通に働きたいだけなのに、
なぜいつも渦中の人になっちゃうんでしょう・・・

生牡蠣が染みるほど美味しかった、
でもちょっと塩辛く感じたのは気のせいでしょうか・・・