読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

一時帰国

2010年9月にフランスに来て、早や1年半。

初めての一時帰国です!!

ほんとは、

ディプロムを取得してフランスで就職し、
年間5週間のヴァカンスを利用して胸を張って。

もしくは

全力でがんばったけど「やっぱ無理だった」って
残念な結果になって。

フランスから日本に帰るとしたら、
この2つのパターンしか考えていませんでした。

道半ばで、なんの結果も出せてないのに一時帰国して、
家族や友達と会って楽しく過ごす、なんて
そんな贅沢は許されない、と思ってました。

しかし、去年の10月に父が病に倒れ、
1ヶ月ほど入院していたと知った時、

こりゃ、帰れるうちに帰っておいたほうがいいな、と
考えが変わりました。

ちなみに、妙なところでサムライ気質な母は、
心配をかけまいと、父の入院中は私に知らせず。

しかし母よ、もし危篤状態になってから連絡もらっても、
死に目に間に合わんがな。

危篤まで行かなくても、病状が悪化して
一緒にしゃべって、美味しいもの食べて、って
出来ない状態になってしまっていたら。

私、医者じゃないし、その状態で再会しても
枕もとで呼びかけるだけじゃ、つまんないよなぁ、と。

スコップ団で活動している友人からもらった
ポストカードに書いてあった通り、
毎日が3月10日と心得て、悔いがないように生きよう、と。

3.11から1年経った今の日本を見ておきたい、
友達や、いろんな人と会って話を聞きたい。

和食が食べたい、って欲求はあんまりないかな。。。

あ、桜が見たい!なんか無性に桜が見たいよ!

と、まぁ、帰りたいな、帰ろうかな、と思い出したら

もう帰らずにはいられなくて、スタージュ決まった直後に

航空券を購入。

チャイナ・イースタン航空、上海経由、往復680ユーロ。

3月13日に飛び立ち、大阪に着くのは14日の夕方。

帰りは4月3日、3週間弱ののんびり滞在です。

父は現在、自宅療養中とは名ばかりの、
飲み食いも外出も自由なご隠居状態なので、
せいぜい元気付けてやります。

あー・・・

明日、日本に帰るって、実感が全然ない。。。

ちゃんと家まで帰れるだろうか(笑

会いたい人には全部会いたい、が、

5キロも太っちゃったから、誰にも会いたくない

そんな複雑な気持ちです。