Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

フランスで、英語を学ぶ

フランスといえども、大学で英語は必修です。

「今日の授業は、現在完了形を使った表現を勉強します」

「これから3人程度のグループに分かれて、
このプリントに載っている形容詞と副詞を使って
旅行のパンフレットを作成してください」

ってな説明を、フランス語でされて

英語力でなくフランス語力で出だしから不利。。

Oh,It’s not fair!

学生が分からないことを質問するのも仏語だし、

質問に対する説明も、仏語・・・。

他の子が分からないとこは、ちょっと難しいわけで、

仏語で説明されても私にはよけい難しいんですけど。。。

そして、日仏の英語教育の違いが浮き彫りに。

クラスのみんな、文法めちゃくちゃでも、

しゃべる、しゃべる(笑


書けと言われたら、むちゃな英文でも思いっきり書く。

間違ったら恥ずかしいわ、わたし英語は苦手なの・・・

と、言っておきながら やれと言われたら ひねり出す。

(フランス人にも恥ずかしがりはいるんです、いちおう・・・)

このレベルの学生に600単語の英作文なんて課題は出さないだろう、日本では・・・。

てゆーか私もこんな長い英文課題は初めてだったので、
ものっそい時間かけて書いたんですが、奴らはおそらく

 ぴゃぴゃっ と 1時間くらいで書いてる気配・・・。

でも、いいんです。

努力した甲斐があって、

20点満点中14点(優!)だったから!!

↓↓たいへんよくできました、のクリックおねがいします↓↓



人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村   

こちらの英語教育をうけてみて、いろいろ考えることがありました。
次回、日本の英語教育について熱く語ります。