Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

美術館・アート巡り

大山崎山荘美術館と、自分なりの楽しみ方

雨の中、行ってきました大山崎山荘美術館。 今回は我流の美術館巡りの楽しみ方を披露しつつ、 このうっとり素敵な美術館をご紹介~。 いきなりカフェしてもいいじゃない 晴天時なら絶対に間違えない道を間違え、 急斜面を無駄に上り下りして体力を消耗する。…

ブログを通した出会いと松柏美術館

ゴールデン・ウィークに松柏美術館へ行ってきました。 www.kintetsu-g-hd.co.jp 美術館のお庭はさつきの花盛り。 その昔、日本画にまったく興味がなかったダリアは、上村松園の美人画を見て翌日には着付け教室に申し込むくらい衝撃を受けました。 それから和…

アンジェ最終日

荷造りを一通り終えて、アンジェ最後の日。 ひとり、アンジェ美術館に行ってきました。 平日、美術館は貸しきり状態。とっても贅沢な時間でした。 今回ご紹介したいのは、アンジェ美術館のコレクションの中でも人気の名画。 Lorenzo Lippi作、Allégorie de l…

リヨン美術館とアンリ・マティス展(3月6日まで!)

フランスの5大Beaux-Artsのひとつ、リヨン美術館。 リヨンの街のど真ん中にありながら、静かな中庭。 めっちゃさりげなくロダンの彫刻とかあるんですけど、お庭は入場無料! 夏に来て、木陰のベンチでサンドイッチ食べてボーっとしたい。 アンリ・マティス…

リヨン、ミニチュア・シネマ博物館を全力でフォローする

リヨンの旧市街にある Musee Miniature et Cinema ミニチュア・シネマ博物館。 ここは「見所満載!絶対おススメ!」と言う人と 「しょぼいし全然つまらない」と言う人、評価が分かれる観光スポットです。 私はけっこうかなり楽しめたんですが、たしかにここは…

ジャン・リュルサ現代タピスリー美術館2

さて、前回に引き続き、 ジャン・リュルサ現代タピスリー美術館 Musée Jean-Lurçat et de la Tapisserie Contemporaine 別館には、ジャン・リュルサの作品だけでなく、現代タピスリーのコレクションも数多く展示されています。 入口が狭いからすぐ見終わるか…

ジャン・リュルサ現代タピスリー美術館1

ジャン・リュルサ現代タピスリー美術館 Musée Jean-Lurçat et de la Tapisserie Contemporaine アンジェで一番好きな美術館です。 見所は、その名の通り、ジャン・リュルサの大作le Chant du Monde 作品のテーマは世界平和。広島の原爆投下を題材にしたタピ…

ヴォヤージュ・ア・ナント2016必見の隠れアイテム!

今年もやってきました、ナントの夏の風物詩 『Voyage a Nantes ヴォヤージュ・ア・ナント』 ポップでクールでファンキーな公式サイトはこちら ナントの街中に現代アートが出現!期間は8月26日まで。 地図・見所やイベント情報満載の無料のカタログは必ずゲッ…

ワイナリーで現代アート鑑賞☆

ソミュール小旅行、最終回。 5月に入ってから雨続きで、 この時の週末が晴天で暑かったのが夢のよう。。。 さて、フエで腹ごしらえした後むかったのは スパークリングワインで有名なワイナリー Ackerman アカーマン 創業1811年の老舗ワイナリー。 ここのスパ…

劇場がゲイ・フレンドリーに?!

夏のあいだ、ナントの町をアート空間に変える ヴォヤージュ・ア・ナント その一環で、ナントが誇るオペラ座、グララン劇場が 七色に彩られました!! 建物が白いから、色彩が映える! ちなみにレインボーカラーはゲイの象徴。 まるで劇場がゲイ・フレンドリ…

フェルナン・レジェ展・本物を見た!

ナント美術館主催の展覧会に行ってきました。 ところで皆様、フェルナン・レジェって、ご存知ですか? 恥ずかしながら、私はこの人のことを名前すら知らない状態で ポスターを見た第一印象、 「うーん・・・あんま好きじゃないかも」と思ったくせに、 入場パ…

アートに占拠された家 VILLA OCUPADA

ご近所を歩いてたら、こんな ものすごいクオリティのグラフィティを発見。 やりたい放題に落書きされた気の毒なお宅・・・ではなく これもボヤージュ・ア・ナントのひとつ、 VILLA OCUPADAヴィラ・オキュパダでした。 来年に取り壊しが決まっている3階建ての…

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール Georges de La Tour

新しい展覧会のお知らせ。 Georges de La Tour Trois "nuits" pour une renaissance 6 décembre 2013 - 8 février 2014 これはほんっとにスペシャル中のスペシャル、 謎多く作品数が少ない17世紀フランス絵画の巨匠、 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの絵画…

オルセー美術館、男の裸祭り

オルセー美術館で、今話題の展覧会、 Masculin / Masculin 開催は2014年の1月2日まで。 なんせ、17世紀から現代までの男性ヌード展。 見ないわけにはいかん!と鼻息荒く乗り込みます。 雨の中、男の裸を見るために並ぶ人々。 入り口のお土産コーナーから、す…

肩の力が抜けてゆく、ゆるゆるアート集

のんびり街歩きしていて見つけたものいろいろ。 ↓ 植物園にて。和む・・・!! ↓こいつら、髪型がファンキーすぎ。校則違反です。 ※小さい写真はクリックで拡大表示します☆ ↓ 道で見かけたウルヴァリン。かっこいー ↓こんなインチキローマ遺跡の裏に、 みっちり…

悲哀!変なおじさんの群れ

おじさんは、むかし、天使だったんだ・・・ でも、もう空は飛べないよ。背中に翼が無いからね・・・ さて、ご好評にお応えしまして、再びのおじさん登場。 今回は変なおじさん、 増殖 しております。 ナントの街の中心も中心、ブッフェ広場。 工事中のようなフェン…

変なおじさん注意報

ナントが誇るナント公爵城の周りを散歩していると お堀になにやら 不可解な物体 が・・・!! き・きゃーーーーっ お、おじさんが・・・ 変なおじさんが浮かんでるぅ---っ (それとも、沈んでる、のか?) これ、ナントで開催中のVoyageボヤージュという 町ぐるみ…

三次元の魔術

おもしろいエクスポジションをご紹介♪ Felice VARINI展 そこはまさに三次元の魔術的空間。 ↓※小さい写真はクリックで拡大します☆ な、なんじゃ、こりゃ・・・!? う、うわぁ、超クール!! これが・・・ こうなる。 これが・・・ こうなる。 まさに「空間」…

パリ紀行 マレ地区、カルナヴァレ館でうっとり

おしゃれで有名らしいマレ地区ですが、 ここで一生懸命お買い物しなくてもいいんじゃ...って気がします。 たいていの有名ブランドは日本で買えるし、日本のお店は 日本人に似合うものをバイヤーさんがセレクトしてるし。 そしてろくな飲食店が無いことでもマ…

パリ紀行 ポンピドゥーセンターでアート発見!

ポンピドゥーセンター 正式名称はジョルジュ・ポンピドゥー国立美術文化センター。 美術館だけでなくシアターや図書館もある複合施設です。 ここのミュージアム・ショップはすごい。 写真集、画集、デザイン系、ポストカード・・・品揃えがハンパないっす。 …

パリ紀行 オルセー美術館とパリのパノラマ

オルセー美術館改修工事の後はじめてきたオルセー美術館。日曜の午後、入口前にはもちろん行列が。しかーし!私にはスタージュ先の美術館で貸してもらったICOMカードがある!!ICOM:International Council of Museums国際博物館会議このカードを一般入口と…

オートクチュール展@パリ市庁舎

パリ・オートクチュール展↓入り口は広場の反対側です。月曜の午前中、雷鳴とどろく土砂降りだったのに見学者いっぱい。なかには小学校低学年くらいの社会見学のグループもいました。最近はどの美術館も子供向けの小冊子をつくって、遊ぶ感覚で子供がより理解…

パリ紀行 オルセー美術館で異形の天使に出会う

卒論の用事を兼ねて、パリに行ってきました。 2泊3日、ネタ満載の怒涛の貧乏旅行については次回以降で。。。 今日は取り急ぎ、 オルセー美術館で開催中の特別展、 L'ange du bizarre について。 訳すと「異形の天使」。 忌まわしいゆえに見るものを魅了する…

イタリア風貴族館で現代アートの夕べ

ナント近郊の見所のひとつ、Clisson クリッソン中世からの城砦と、イタリア(トスカーナ)風建築で有名です。 広大な領地にイタリア風の建物が散在する貴族館、La Garenne Lemot ラ・ガレン・ルモにて現代アートの展覧会のVernissage(お披露目会)。美術館…

ナント美術館、今度の展覧会は・・・。

明日、6月7日から新しい展覧会が始まります!Les Messages de l'art 英語にすると、メッセージ・オブ・ジ・アート。前の展覧会は、20世紀初頭の絵画中心で、ある意味、万人受けするテーマだったのに対して、今回は17世紀の絵画あり、現代アートのぶっ飛んだ作…

リアル白鳥の湖

SWAN ナントのGrandTという劇場で、この週末、2公演ありました。ステージの上で、ダンサーさんが、ホンモノの白鳥と踊るという。う。うわー・・・なに、この、見てはいけないものを見てしまったような感じ。気になる。すごい、気になる。きっとこの機会を逃…

踊る!美術館 :素敵なオヤジはお好きですか?

先週の木曜日、展覧会会場が学生たちに乗っ取られました。毎年恒例のイベント、Musee des etudiantsわたくしも一研修生として参加。↓って、思いっきり楽しんでるじゃん・・・!↑これは「お土産ポラロイドコーナー」。好きな小道具を使って、展覧会のテーマ「…

ジュール・ヴェルヌの街・ナント☆第一日曜入場無料の日♪

ナントの美術館・博物館は毎月第一日曜は入場無料!(ただし7,8月を除く)というわけで、以前から気になっていたジュール・ヴェルヌ博物館へ行ってきました。ジュール・ヴェルヌ、ナント生まれの作家。海底2万里、八十日間世界一周など膨大な著作を残す。SF…

教会で現代アートを楽しむ

最近のアンジェは、雨が続く陰気極まりない毎日です。 9月のJournees du patrimoine(文化遺産の日)に訪れた 近所の教会 (正式には、元・教会だった歴史建造物)、 コレジア・サンマルタンをご紹介~ アンジェの街の中心にある 目立たない建物、しかし! …

アヴィニョン法王庁、もしくは教皇宮殿

やって来ました、教皇宮殿。 入場料は10,50ユーロと安くは無いのですが、 ここは見ごたえあります! 入場料にはオーディオガイドが含まれています。 もちろん日本語ヴァージョンあり! 館内にはマルチメディアでの解説があり、 今、自分が立っている場所がか…