読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Merveille~フランスの風~

フランス風をぶいぶい吹かせてゆきます。

見切り発車でエアビー始めたらエアビー社員に勇気褒められた件

外国からの旅行者を自宅に泊めちゃってるダリアです、こんにちは。

今回は、どんな流れで私がエアビーはじめたかご紹介しようと思います。

www.airbnb.jp

まず、日本と違ってフランスだとエアビーってわりと誰でも知ってる&利用してる感じなんですよね。

フランス地方だとUberより身近な感じかも(Uber利用できるのはパリくらいだし)

あと、他人を家に泊めることに対するハードルが日本よりかーなり低いんです、フランス(この話はまた後日掘り下げます)。

 

そんなわけで、母の実家(いちおう二階建て一軒家)に住むことが決まった時点で、2階を使ってエアビーアンドビーしよう自然に思いつきました。

思いついたら黙ってられない性格ゆえ、フランス滞在中から周りの友達に

「日本来たらうちに泊まりなよ!」

と声をかけまくっていました。

 

フランスでした準備といえば、サイトにのっけるお家の紹介文を英語・仏語で作成、英語堪能な友人Ullaとその仏人旦那様に文章添削してもらいました。感謝☆

 

 

しかし、ま、日本で落ち着いて、仕事決まってから始動するかーと気楽に構えていました。

しかし、3月、マブダチのシャーレンから

「私の友達が5月に日本行くから、早くサイトにアップしろ!」

と催促され、急遽お部屋の写真とって、準備してた文章でサイトにUP。その数分後には彼女の友人から1週間の予約が入るという急展開。

 

↓↓美麗写真がずらりと揃うエアビーにこのクオリティの写真のっけるのはけっこう恥ずかしい。。。

f:id:MerveilleD:20170521213517j:plain

それからニトリで布団、タオル、座布団カバーなど購入(総額約2万円)。

初期投資はそれだけ!!

↓↓そんで布団入りの写真を追加・・・。

f:id:MerveilleD:20170521213245j:plain

しかし、どうやら日本では『民泊』は法律的になにやら問題がありそうで、ネットで調べてみてもなんだか不明瞭。

 

そんな折、エアビー主催のホストのみ参加可能なMeetupを発見し、参加してみることにしました。

↓↓Meetupってなに?って方はこちらをチェック!

www.meetup.com

参加希望をぽちっとしたら、なんと翌日、エアビーの社員さんからお電話いただきました。

「このMeetup、参加されるのは熱いホストさん揃いで、法律のこととか話し合うマジメな会なんですが、大丈夫ですか?」

 

「はいはい、まさにそういうの求めてまして。なんせ見切り発車でエアビーはじめちゃってーいやーもっとちゃんと調べてから始めるつもりだったんですけどねー」

 

「・・・え?!すごいですね!

ダリア(仮名)さんの勇気に乾杯!

 

おいおい、エアビーなんて日本でどう転ぶか分からない会社の社員に勇気を褒められたよ。

それはともかく、そのMeetupで、この国会で決議された法律(民泊新法)の話、大阪市の現状などいろいろ学ばせていただき、ばりばり熱いホストさんたちからエアビー運営のノウハウも聞けて、しかもタダ飯までいただいてほんと参加してよかった!

そんで、今のところ、法律的に大阪市内でホームステイ形式でエアビーするのは問題無さげと分かり一安心。

 

帰国後3ヶ月で、一気に前に進んだのはこういう次第でございました。

 

次回、日本人の警戒心の強さ・他人を家に入れる際のハードルの高さについて思ったことをつづります。

 

↓↓ランキング参加してます!ぽちっと応援のクリックお願いします↓↓

 
 

大阪の自宅でフランス語漬けの生活も可能☆エアビー始めました

みなさん、Air BnB(エアビーアンドビー)ってご存知ですか?

www.airbnb.jp

アパートを1泊でも、お城を1週間でも、ヴィラを1ヶ月でも、Airbnbはあらゆる価格帯で世界191ヶ国65,000以上の都市で人と人とをつなぎ、ユニークな旅行体験を叶えます。

 

引用:https://www.airbnb.jp/about/about-us

 

これ知ってワクワクしない人ってどうかしてると思うんですが、

「んじゃ、自分の家に見知らぬ外人を泊めてみるか」

ってなる人はどうかしてると思われるのが現状です。

 

が。どうかしてると思われることに慣れているダリアは、やってみた。

 

最高だった。

 

フランス人泊めたら休日の朝食は一緒にクレープ☆とかさ。

お返しにお好み焼きもしたよーー ↓↓証拠写真

f:id:MerveilleD:20170515210048j:plain

f:id:MerveilleD:20170515205626j:plain

 

今、私が住んでいるのは、祖母が老人ホームに入居して空き家になった母の実家。

ここに住むことになった時から準備していました。

 

日本に帰国して3ヶ月。

「フランスに住んでいたのが夢のよう・・・」

なんて空しさとはエアビーのおかげで無縁!

自宅にいながらにして世界中の人と知り合えるのです。

つーか、いきなり泊まりですから。生活を共にする楽しさ。

ほんと最強のコミュニケーション・ツールだと思います。

 

次回はもうちょい詳しく、エアビーアンドビーの仕組みとダリアがどんな準備したか、ご説明しようと思います。

 

↓↓ランキング参加してます!ぽちっと応援のクリックお願いします↓↓

 
 

ブログを通した出会いと松柏美術館

ゴールデン・ウィークに松柏美術館へ行ってきました。

www.kintetsu-g-hd.co.jp

美術館のお庭はさつきの花盛り。

f:id:MerveilleD:20170510201044j:plain

f:id:MerveilleD:20170510201101j:plain

その昔、日本画にまったく興味がなかったダリアは、上村松園の美人画を見て翌日には着付け教室に申し込むくらい衝撃を受けました。

それから和装にはまり、お茶・お花もかじってみた20代。

この時の経験がフランスでも役に立ったわけですが、そのきっかけが一枚の絵だったことが我ながらナイーブすぎて面白いです。

西洋かぶれで、日本の文化にリスペクトが足りなかったダリアを開眼させた松園の《鼓の音》と再会できて感無量・・・。

 

上村松園画集

上村松園画集

 

 

少しでもこの美しさに近づきたい、そんな気持ちにさせてくれる絵画の数々。

松園の息子、松篁が65歳で描いた絵に添えられた解説に

「殻を破りたい気持ちで」とあって、絵師の飽くなき探究心に心打たれ、

さらに3代目・淳之のモダンで気品溢れる絵に、偉大な画家を祖母、父に持つこの人はどんな気持ちで創作をしているのだろうと想像をめぐらせたり。

 

日本画に興味がある人なら、いや、まったく興味の無い人でも、きっとなにかしら心を揺さぶられること間違いなし。

 

 いつか訪れたいと思っていた松柏美術館。

連休中にもかかわらず、訪れる人はそう多くなく。

静かな館内でゆったりと絵画を鑑賞することができました。

 

近鉄学園前からバスで5分、周囲には特に何もなしという立地ゆえ、なかなか足を運べなかったのですが、来られて良かったです。

 

で、今回お誘いくださったのは、以前にこのブログにコメントを下さった底辺デブスさん。

実は最初、あまりにインパクトあるペンネームがおそろしくて、交友する気はまったくなかったのですが、彼女のブログを読んでみて気が変わり、帰国後なんばのマルフクという立ち飲み屋で初対面。

 

ペンネームどおりに辺りに腐臭を撒き散らす祟り神(たたりがみみたいな女が出てくるかと思ったら、ごく普通で、しかも私よりほっそりしたお嬢さんがやってきやがりました。で、底辺と名乗るわりに職業は理系専門職・・・

 

「俺、おまえより、もっと低く飛べるぜ?」

 

って思いました。つーか今すぐペンネーム変えろ。

 

あ、でも、理系ゆえ実験動物の首を引っこ抜いた話とか、それは初対面の人にはしないほうがいい。初対面でなくてもホルモン焼き食べてる時には避けたほうがいい。

そんなかっ飛んだ個性が私はけっこう好きなので、今後ともゆるく美術館巡りにお付き合いいただきたい、ぺこり。

 

ブログをやっていて何が嬉しいかって、こういう普通に生活してたら出会えないような人と交流できることです。

グーグルアドセンス落ちて気持ちもまさに底辺まで落ちたけど、初心に返って「伝えたいことを、できるだけ」書いていきたいと思います。

 

あ、ところで、フランスの大統領選挙、結果が出た時間帯にこのブログにアクセスしてくださった方が数十名おられたようで、恐縮しております。

実は、結果がルペンだったらなんか書こうと思ってました。でもまぁ、この結果なんで、On va voir(まぁ様子見るか)という感想しか出てこない感じです。

 

↓↓ランキング参加してます!ぽちっと応援のクリックお願いします↓↓

 
 

5月4日はスター・ウォーズの日!ルークの家とアナキンの家に遊びに行った自慢話するよ

お題「5月4日スター・ウォーズの日、スター・ウォーズへの愛を自慢する」

 

みなさん、今年もスター・ウォーズの日がやってきましたね。

なぜ今日、5月4日がスター・ウォーズの日なのかというと。

英語で5月4日はMay the fourth、つまりかの有名なジェダイの挨拶

May the Force be with you(フォースとともにあらんことを)」にちなんで、この日を祝うことになったわけです。
つーかルーカス・フィルム公認の記念日です。

 

って今の時点で「ジェダイってなに?」みたいな人はこんなブログ読んでないで早くシリーズ全作マラソン鑑賞すべし。百歩譲って古典中の古典、名作中の名作、第1作だけは見るべし。これはおススメじゃなくて命令だ。

 

 

しかも!

今年は、全米でスター・ウォーズ第1作が公開された1977年から40周年のアニバーサリーイヤーなのです!

ちなみにダリアはスター・ウォーズと同い年です!←軽く自慢のつもりか。

さぁこの記念すべき日に、どうでしょうみなさん、

「こんなにスター・ウォーズ好きだぜ」と自慢するという企画は?!

 

まずダリア、中学1年生の時に金曜ロードショーで見てスター・ウォーズを知る。当時はハン・ソロが一押しだった。

新3部作は全て映画館で複数回鑑賞。

とはいえ、コレクター気質がまったく無いのでグッズ収集などはしていないし、チャイニーズシアターに並んだこと無いし、ジャバ語は話せないし、私なんてスタヲタとは言えないよね・・・としょんぼりしていたのですが、ひとつありました、自慢できることが!!

 

ルークの家とアナキンの家に行ったことがある!

 

f:id:MerveilleD:20170504093549j:plain

まずはルークん家。

ここは第1作でルーク・スカイウォーカー家、モス・アイズリーのバー「カンティーナ」の撮影が行われたところです。

f:id:MerveilleD:20170504100824j:plain

f:id:MerveilleD:20170504100843j:plain

f:id:MerveilleD:20170504100856j:plain

現在はレストラン兼ホテルとして営業中。

ランチタイムには観光バスで欧米人がどわっと訪れますが、それ以外の時間は閑散としていて思うままにスター・ウォーズの世界に浸れます。

 

お次は第4作「ファントム・メナス」の撮影でアナキン・スカイォーカーが住んでいた奴隷用集合住宅。

f:id:MerveilleD:20170504101549j:plain

f:id:MerveilleD:20170504101647j:plain

f:id:MerveilleD:20170504101701j:plain

f:id:MerveilleD:20170504101715j:plain

 

ここまで来た経緯などはカテゴリ「チュニジア旅行」をサクッとまとめて読んでみて下さい☆2008年に3週間かけて一人でチュニジア旅行したんです。

サハラ砂漠でらくだに乗ったり地中海を眺めたり偽ガイドとバトったり本場のクスクス食べたりしましたよ。

www.merveillefrance.com

せっかくなのでMyお題として投稿させていただきます。

blog.hatena.ne.jp

みなさま、一緒にお祝いしましょう☆

あ、ちなみにフランス語で「フォースとともにあらんことを」は "Que la force soit avec vous"です。

フランスでも盛り上がってるみたいですよーー

www.sudouest.fr

↑↑暗黒卿がガロンヌ河畔でチャリ乗ってる!

最後にフランス風を吹かせることを忘れないダリアでした。

↓↓ランキング参加してます!ぽちっと応援のクリックお願いします↓↓

 
 

新カテゴリ『JJライフ』始めました。あと最近読んだ本の感想

新しく『JJライフ』というカテゴリを追加してみました。

JJ(ジェイジェイ)とは・・・

私の大好きなライターさん、アルテイシア様が幻冬舎Plusで連載中の

アルテイシアの熟女入門で使われているパワーワードです。

いや、ほんとこの連載は読んだほうがいいって。

女性を独身/既婚、子持ち/子無し、キャリア/ノンキャリアなどと分断せずに、「みんな年を取るし」という自然の摂理を受け止めつつJJ(熟女)としてそこそこ楽しく行こうぜ、みたいなポジティブというか開き直りまくりなメッセージに毎回ひざ打ちつつ腹筋を震わせております。

アラサーとかアラフォーって言葉になんだかマスコミ主導の女性カテゴライズの嫌な臭いがして使いたくなかったところに、これ以上ないピッタリなJJ。

で、もちろん無許可でJJという言葉を使わせていただこうかと。

 

www.gentosha.jp

↑↑マンモスマンとプラネットマンて。反則だと思います。

前回の記事で私もアラフォーコーデがどうのと書き綴ったのですが、やはりプロ中のプロは文章の切れが違いすぎると思いました。
って比べるのがどうかしてるんですけど。

 

そんなわけで、JJネタをひとつ。

先日、ナントにいた頃に知り合った友人(40代女性専門職)と久しぶりに会った時のこと。

別れ際に、「さっき読み終わったんだけど、この本、読む?」と彼女が出してきた文庫本がこちら。

 

 「あ、これ、読んだことあります。えっと、オリエント急行で・・・」

 

「それはオリエント急行殺人事件ですね」

 

「・・・じゃあたぶん読んだことないかと」

 

「さしあげます」

 

この誰でも知ってるけど意外に読んだことがない『そして誰もいなくなった』が日本でドラマ化したことを教えていただく。そーなんだー・・・日本に帰ってきてもテレビが無い生活してるから・・・浦島継続中です。

 

私も先日読み終わった一冊があったことを思い出し、

「その代わりと言ってはなんですが、ぜひこれを」

 

 そんな感じで本を交換。

こちらのカズオ・イシグロ著『日の名残』は読書好きの人にぜひ読んで欲しい一冊!

イギリス名家の老執事が自分の人生を回想する話。

描き出される人物像の厚みときたら。

生身の人物に対して、その人を知れば知るほど「好きな部分」と「嫌いな部分」が見えてくるように、私も読んでいる間ずっとこの主人公に魅力を感じたりがっかりしたり。

今体験している出来事、過去の思い出が折り重なって浮かび上がるひとりの人生。

まさに文章の芸術、文芸です。

 

さて、JJ話に戻すと。

はるか昔、中・高校時代は「借りたのに返さない」、いわゆる借りパクが原因でケンカ・絶交なんてことがあったけど、その後おとなになってからは「返ってこなくてもいいものしか貸さない」「めんどくさいから物の貸し借りはしない」などを経て、JJはこの「あげる」というフェーズに突入します。

「いらなくなったものをもらってくれてありがとう」

そんな仏のような気持ちに到達するのだから年を取るのも悪くない。

さらに、細かいことは気にしなくなるというのもJJあるあるで。
例えば
もし私がもらった本を読まなくても、友人はムカついたりしないだろう、なぜならJJたるもの時間は有限ではないことを知っているから。

 

 って実は昨日の晩に一気に読んじゃったんですけどね。

さすがアガサ・クリスティ。

で、真犯人が・・・ひょっとして本をくれた友人と同じ職業のこの人なのでは?まさかこの本をくれたのは私への何らかのメッセージだったらバリ怖い・・・とか勝手に妄想に駆られつつ読みました。二重の意味で背筋が凍るミステリでした。なんてね。

 

↓↓ランキング参加してます!ぽちっと応援のクリックお願いします↓↓